スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

● Mayaを英語環境で起動させる方法 

SET MAYA_UI_LANGUAGE=en_US
"C:\Program Files\Autodesk\Maya2012\bin\maya.exe"

上記をテキストファイルで保存、拡張子を.batに変更して起動!
ここではMaya2012にしてますが、使用するバージョンに変更しておきましょう。
スポンサーサイト
[ 2012/07/16 10:22 ] maya | TB(0) | CM(0)

● Maya 2012 デモ『08. Entertainment Creation Suite シングルステップデータ互換』 

『08. Entertainment Creation Suite シングルステップデータ互換』

『データ互換のワークフローとして Softimage、MotionBuilder、Mudbox それぞれへのデータ連携がワンクリックで可能になります。Maya で作成したデータをベースにそれぞれのソフトへワンクリックでデータ転送を行い、編集し、ワンクリックでデータを Maya へ戻すことが可能になります。』AREA JAPANより
[ 2011/08/11 13:48 ] maya | TB(0) | CM(0)

● Maya 2012 デモ『07. DMM (Digital Molecular Matter)』 

『07. DMM (Digital Molecular Matter)』

『従来 Maya は崩壊・破壊系のシミュレーションは非常に弱いという印象がありましたが DMMプラグインが追加されたことにより、簡単にシミュレーションが可能になりました。 DMM は有限要素法( Finite Element Method )ベースのリアルタイム物理エンジンで、予めメッシュを細分化するのではなくオブジェクトにDMMによる質感設定を行うだけで、高速な崩壊・破壊シミュレーションが可能になります。』AREA JAPANより
[ 2011/08/11 12:02 ] maya | TB(0) | CM(0)

● Maya 2012 デモ『06. PhysX によるクロスシミュレーション』 

『06. PhysX によるクロスシミュレーション』

『APEX Clothing という機能が追加され NVIDIA PhysX エンジンを利用して布のクロスシミュレーション行うことが可能になります。標準のペイント機能で影響範囲を変更することができ、クオリティ、パフォーマンス共に nCloth よりもすぐれたシミュレーションが可能になります。』AREA JAPANより

[ 2011/08/11 11:59 ] maya | TB(0) | CM(0)

● Maya 2012 デモ『05. アニメーションの機能向上』  

『05. アニメーションの機能向上』

『グラフエディタのUIが Maya、 3ds Max、 Softimage、 Motion Builderで共通化され、タイムライン表示の同期がChannel Boxに追加されました。これにより選択しているオブジェクトのモーションの個別表示が可能になります。またモーションの移動値の軌跡を3Dビューに描画しビューポート上で3次元的にモーションの変更が可能になります。その他、様々なアニメーションの機能向上によりアニメーションの生産性の効率アップが可能になります。』AREA JAPANより
[ 2011/08/11 11:56 ] maya | TB(0) | CM(0)

● Maya 2012 デモ『04. ダイナミックスとパフォーマンス』 

『04. ダイナミックスとパフォーマンス』

『エフェクト・アセットとして Maya 2011 の Autodesk Advantage Pack の追加モジュールを2012に標準搭載しました。流体機能としてFluidsに「液体」と「空気」というオプションが追加され、液体にミスト効果を加えたアニメーション作成が可能になります。 その他 nCloth 、 nParticle のコリジョン判定のパフォーマンスが向上しました。最初はシングルでコリジョン判定を行うが、数が多くなりコリジョンの値が増えてくると、マルチスレッド化して計算を効率化していくことが可能になります。』AREA JAPANより
[ 2011/08/11 11:49 ] maya | TB(0) | CM(0)

● Maya 2012 デモ『03. レンダリングとパス合成ツール』  

『03. レンダリングとパス合成ツール』

『レンダリングのノードに、「レンダーレイヤー」「レンダーパス」「レンダーターゲット」が新たに追加され、出力したパスをハイパーシェード内で合成することが可能になりました。ベクター ディスプレイスメントマップや OpenEXR バージョン1.7もサポートし、レンダリングした画像を合成コンポジットソフトに持っていくことなく、 Maya のハイパーシェード内で合成する、というフローを組むことが可能になります。』 AREA JAPANより
[ 2011/08/11 11:29 ] maya | TB(0) | CM(0)

● Maya 2012 デモ『02. モデリングインタラクションツール』  

『02. モデリングインタラクションツール』

『モデリングの機能としてインタラクティブスプリットツールが追加されました。エッジ生成に関する機能が向上し、メッシュに対してのエッジの追加や任意のカーブをメッシュに投影し、メッシュを生成することが可能になりました。また、押し出しのワークフローとして 「Heads Up Display」 をサポートし、モデリング機能の効率化が可能になります。』 AREA JAPANより
[ 2011/08/11 11:25 ] maya | TB(0) | CM(0)

● Maya 2012 デモ『01. ビューポート 2.0 の機能向上』 

先日Maya 2012の発表セミナーが行われたのですが、当日は仕事で行くことが出来なかったので確認用にそこで行われたデモンストレーションのムービーをアップしたいと思います。

『01. ビューポート 2.0 の機能向上』

『ビューポート2.0の機能がフルスクリーン エフェクトに対応し、モーション ブラー、被写界深度、アンビエント オクルージョンなどのエフェクト効果をビューポートに表示できるようになりました。さらに Ptex をサポートし、モデリングコンポーネントやマニピュレータなどもビューポートで表示が可能になります。』AREA JAPANより
[ 2011/08/11 10:56 ] maya | TB(0) | CM(0)

● Mayaの便利な保存機能「インクリメンタルセーブ」 

※知ってる人は何を今更って機能なので、知らなかった人だけ読んでください。

Maya2012になってからオートセーブ機能が付いたようなので、それ以前のバージョンを使う場合に限られるかもしれませんが、インクリメンタルセーブを使うとSave Asしなくても簡単に同様の保存をすることができます。

Save Sceneのオプションを開くと下のようなウィンドウが出るので、ここの「incremental save」(インクリメンタルセーブ)にチェックを入れて通常セーブ(ctrl+S)するとscenesフォルダにincrementalSaveというフォルダが作られます。
あとは通常セーブを繰り返すだけでincrementalSaveフォルダに0001~00002と、セーブ時のバックアップを自動的に作っていってくれます。
SaveOp.gif

最初はネットで見つけたオートセーブのmelも入れたんですが、インクリメンタルセーブだとセーブのタイミングを自分で制御できるので結局オートセーブは使ってません。
いままではMayaを習った時にしつこいまでに言われた「セーブアズしろ!」という言葉どおりにしてきたんですが、いつの間にかこんな便利な機能が付いていたんですね~
[ 2011/08/10 17:37 ] maya | TB(0) | CM(0)

● Mayaで作られた『Ford GT40』 


Ford_GT40_3DModel

Mayaで作られたハイクオリティなFord GT40のデモムービーです。
モデリングやレンダリングがうまいだけでなく総合的な見せ方がうまいですね。こういうのを見ると本当に演出って大事って思います。
下記のリンクにはメイキングとか要所々のアップ画像などもあるので車を作る際にはかなり参考になるかと。

Digital Artist Luis Nieves
http://lendesign.com/FordGT40/
[ 2010/10/22 11:43 ] maya | TB(0) | CM(0)

● Mayaの設定移行時の不具合について 

フリーという立場上、自宅や常駐先など色々なマシン環境で作業することが多いのですが、Mayaの環境を移行するときにシェルフのアイコンが読み込めなかったり、マーキングメニューが読み込めなかったりと結構不具合が多かったりします。
で、今日いろいろ試していたんですが、ひとまず原因がわかったぽいので備忘録的に書いておきます。
完全な対処法ではないのかもしれませんが、もし同じ現象で悩んでる人がいたら是非お試し下さい。


以下対処法
[ 2010/10/21 02:17 ] maya | TB(0) | CM(0)

● TwitterのMayaユーザーコミュニティを作りました 

mayauser.jpg

Twitter上で使えるMayaユーザーの為のコミュニティを作りました。
Twitterのリアルタイム性を活かして、いろいろと情報共有に使って頂けたらと思います。
@Maya_User_Group宛にTweetするとフォロワー全員に配信されます。

このコミュニティはTwiccoというサービスを使っています。
あと、リアルタイム性を活かしてと書きましたが、残念ながら現状コメントの反映まで2~3時間かかっているようです。今後改善されることを祈ります。

Maya_User_Group
http://twitter.com/Maya_User_Group
[ 2010/05/14 19:20 ] maya | TB(0) | CM(0)

● mayaでUVを保持したまま頂点を移動させる方法 

maya2009からの新機能でUVの位置情報を保持したまま頂点を移動させることが出来るようになっています。
方法は移動オプションのPreserve UVsにチェックを入れるだけ。

preUV.jpg

次はExtrude(押し出し)時にも保持させる方法。
[ 2010/05/11 18:40 ] maya | TB(0) | CM(0)

● maya2009からのHypershadeコネクト表示 

maya2009からHypershadeで複数のノードコネクトがあった場合でも一本の太いコネクトで表示されるようになったみたいです。
2009.jpg

なんだか使いづらかったので、元通りの表示で作業することにしました。
以下、元に戻す方法。
[ 2010/04/18 17:29 ] maya | TB(0) | CM(0)

● Mayaでvertex normal(頂点ノーマル)がおかしくなったら 

Mayaで作業していると、vertex normal(頂点ノーマル)が一方向を向いてしまったり、本来あるべき方向からずれてしまうことがたまにあります。この場合Polygons/Normals/Unlock Normalsで直ります。
[ 2010/01/28 11:57 ] maya | TB(0) | CM(0)

● mayaでデータを開こうとしたら落ちる 

ちょっと覚書。maya2008にて。
最近同じデータを2ヶ所の環境で作ったりしているんですが、何の不具合か片方で作ったデータをウチで開こうとするとmayaが即落ちてしまう事態が発生。
これは困ったと色んなデータを開いたら、前に保存したデータだと開ける。
そして次に問題のデータを開いたらきちんと開ける。
この問題に関してはmaya起動後、一度開けるデータを開いた後なら大丈夫らしい。
[ 2009/09/09 18:10 ] maya | TB(0) | CM(0)

● mayaでレンダーセッティングが空白になるエラー 

maya2008にてレンダーセッティングが空白になり、シーンファイルを開く時に以下のエラーが出る場合の対処法。
(プラグインマネージャでmayatomr.mllのチェックを入れ直そうとしてもWarningが出てチェックを外す事が出来ない)
// Error: The default image may not be modified. Use the -i/image flag instead. //
// Error: Cannot use data of type no type in a scalar operation. //

以下対処法
1 mayaを再起動
2 レンダーセッティングを開いて問題ないことを確認し、シーンを保存。
3 使いたいシーンファイルをインポート。

※一度でも問題のシーンを開くと、次に正常なデータを開いたとしてもレンダーセッティングを使えないので、その場合はmayaを再起動する。
[ 2009/08/07 12:22 ] maya | TB(0) | CM(0)

● maya2008でテクスチャ表示時にシェーディングが消える問題 

maya2008で6番キーのテクスチャ表示にした時にシェーディング情報が消えてのっぺりした表示になってしまう現象がたまに起きるようです。
消えると言っても数値ではなく表示上のことで、5番キーのシェーディング表示のみだとちゃんと表示されます。
最初はマシンのグラフィックボードの影響かと思ったんですが、データを違う環境のマシンで開いても同じ現象が起きます。

結果からいうと、データが壊れているようなので、モデルをエクスポートしてmayaを再起動してからエクスポートデータを開くと直ります。
ウチのマシンでは、一度表示されない現象が起きるとnew scenesでテストしても同様に表示されず、mayaを立ち上げ直してからnew scenesでテストしたら正常に表示されました。

mayaは前から何か不具合があったらデータをエクスポートしたら直るという迷信があったのですが、ホントだったんですね。
[ 2009/06/13 10:00 ] maya | TB(0) | CM(0)

● maya2008でOptimize Scene Size時のエラー 

最初から気になっていたmaya2008でOptimize Scene Sizeをかけると「Invalid flag: - ^1sthen freeze.」というエラーが出る問題。
他に特に問題なさそうなんで放置していたのですが、前のエントリーにも書いた不具合の件があったんでついでにと思って調べてみました。
検索しても日本語の情報がほとんどなかったので、みんなが出る症状ではないみたい。
「AREA」に
Since I’m on Maya 2008, I have an error message instead of the Optimise Scene Size summary which looks like this
[ 2009/05/31 17:37 ] maya | TB(0) | CM(0)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。