スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

● 2009年最後の更新 

いろいろあった2009年もあっという間に終わりですね。
明日から秋田の実家に帰省するので今年の更新もこれが最後になります。

そしていよいよ来年は2010年。なぜか近未来っぽい響きですが、来年以降の新しい技術やメディアが楽しいことになりそうな予感がする。
いままではデジタル技術至上主義的な進化で使う人間も機械的になりがちだった気がしますが、これからはデジタルとアナログがいい具合にバランスの取れて人間味のあるものが受け入れられて発展していくような気がします。
やっぱりただボタン押すだけであらゆる物事が済んでしまったら味気ないですからね。

そして自分も既存のゲームを作っていくだけではなく、日常生活や人生、大きくいえば世界が変わってしまうようなワクワクするような仕事をしていきたい。来年もさらに色々な楽しい体験が出来ますように。

最後に、そんなにたいしたことも書いていないブログですが、いつも見に来て下さってありがとうございます。
これからもマイペースにぼちぼち更新していきたいと思いますので、来年もどうぞよろしくお願いします。
それでは良いお年を~
スポンサーサイト
[ 2009/12/31 01:25 ] その他 | TB(0) | CM(0)

● 『スラムドッグ$ミリオネア』94点 

movie_topic090303_01.jpg

第一印象はインド版「シティ・オブ・ゴッド」。おかげで監督はフェルナンド・メイレレスかとすっかり勘違いしてたけど、クレジットを見てそういえばダニー・ボイルだったなぁと思い出した。

スラムで育った少年らの成長を追った撮り方はどうしても「シティ・オブ・ゴッド」を連想させる。
あちらは荒々しいリアルさでスラムの現状を描いたのに対し、こちらはミリオネアというクイズ番組を絡ませたおかげで、インドのスラムのリアルさを描きつつもエンターテインメントのバランスが絶妙な作品として一般的に受け入れられたのだと思う。
ただ、物語が爽やかに描かれているせいか実際のスラムはもっともっと過酷なんだろうなとも思う。そういう意味ではインドスラム街のファンタジーと言ってもいいのかも。

それにしてもダニー・ボイル監督の洒落っ気や映像センスは素晴らしく、音楽も極上。
もうこれ以上この作品に求めるものはありません。
ジャンルは違うけど、この勢いで是非「28週後」の続編を撮って欲しい。
[ 2009/12/30 08:13 ] movie | TB(0) | CM(0)

● 『アバター』98点 

avatar.jpg

川崎のIMAXシアターで念願の『アバター』を観てきました。
3D映画もジョーズ3D、ベオウルフに続いて3本目。いずれも立体映像のインパクトはすごかったし、ベオウルフもよく出来た作品でしたが、今回の『アバター』は大きすぎる前評判にも十分応える出来。
3D映画史上最も素晴らしい作品になったことは間違いなしです。その作品をIMAX3Dで観ることができた自分は本当に幸せだと思います。
かと言って3Dじゃないと面白くないかというと全然そんなことはなく、映画としての完成度も高いので、3Dで観ることが出来ない人でも十分に楽しめるでしょう。
[ 2009/12/29 08:38 ] movie | TB(0) | CM(0)

● おもわず爆笑の相撲シミュレーション『Sumotori Dreams』 



予め作られたアニメーションではなく、物理演算を使った酔っ払い相撲シミュレーション『Sumotori Dreams』
2人でバタバタとのたうち回るこの動画を見て、おもわず一人で爆笑してしまいました。
ソフトはwin専用でフルバージョンが4ドル。デモバージョンならフリーなのでお試しあれ。
ダウンロードはこちら『Sumotori Dreams』
http://www.gravitysensation.com/sumotori/


革命的な相撲シミュレーションゲームが人気
http://wiredvision.jp/news/200912/2009122119.html
[ 2009/12/26 11:19 ] game | TB(0) | CM(0)

● 上下左右、自由自在のラジコン「宇宙戦艦ヤマト」 




「リモコンで飛ぶヤマト」とアクアモデラーズ(動画)
http://wiredvision.jp/news/200912/2009122519.html
[ 2009/12/26 10:57 ] 映像 | TB(0) | CM(0)

● 『2012』80点 



遅ればせながら『2012』を観てきました。
予告編を見てから、このスペクタルな破壊シーンは是非劇場の大スクリーンで観なければと思っていたんですが、ようやく観に行くことができました。
監督がローランド・エメリッヒということで、内容の方は相変わらずで予想を裏切らない出来。エメリッヒ節全開のテンションで突っ走っていきます。そしてツッコミ所も満載。期待しちゃいけないけど、一応その辺は書いておかないと。

ひとまずそれはそれとして、やっぱり見所は怒濤の破壊シーンの数々。
これまでのディザスタームービーの総決算とも言える出来で、この時代だからこそようやく実現出来たプロジェクトでしょう。
[ 2009/12/20 20:12 ] movie | TB(0) | CM(0)

● iPhoneのUDIDの確認方法 

iPhoneアプリの開発時に使うUDIDの確認方法。

1 iPhoneをパソコンに繋げ、iTunesを起動。
2 デバイスのiPhoneを選択、シリアル番号をクリックすると識別子(UDID)に切り替わる。
3 編集からコピーでUDIDがコピーされる。
[ 2009/12/15 08:45 ] Apple | TB(0) | CM(0)

● iPhone用プロジェクター『MiLi pro』 

mili_ip_pro.jpg

『MiLi pro』というiPhone用のプロジェクターがあります。
まだ発売はされていませんが、デザインや使い勝手が良さそうなので期待しています。
光源はLEDで10ルーメンス、解像度は640*480なので大人数での視聴は難しいですが、個人で楽しむ分には結構遊べるんじゃないでしょうか。
HPを見ると12月発売になっていますね。ただ、今まで結構延期してるからあやしい気もする。

216.jpg

MiLi pro
http://www.phonesuit.com/products/MiLi_Pro_iPhone_iPod_Video_Projector-18-10.html
[ 2009/12/13 01:05 ] Apple | TB(0) | CM(0)

● Winでのtime capsuleのネットワークドライブ接続が復活 

前からどうもウィンドウズ(bootcamp)でのtime capsuleのネットワークドライブ接続が不安定で、起動する度に繋がったり繋がらなかったりで使い勝手が悪かったんですが、time capsuleのファームウェアのバージョンを戻すと直るかもという話があったので早速ダウングレードしてみました。
で、結果から言うとどうやら直ったぽいです。ただまだ半信半疑なので、また様子をみて経過報告したいと思います。

ダウングレードの方法
AirMacユーティリティを起動して要約タブのバージョンをクリックすると”アップロードするバージョン”というのが選べるので7.3.2を選択。(7.4.1も不具合が多いらしい)
※ウィンドウズ側のAirMacユーティリティでは前バージョンには戻せなかったので、macで再起動してmac側のAirMacユーティリティで設定しました。(自分だけ?)

追記:何日か様子をみてましたが、今回は安定して認識しています。
ということで一連の原因はtime capsuleのファームウェアが問題だったようです。
ドライブ認識で悩まれている方は試してみてはいかがでしょうか。

再追記:
macでマシンを起動するとtime capsuleのファームウェアアップデートの表示が出てしまってtime capsuleがずっと黄色の点滅の状態になってしまった。動作は問題ないのでいいっちゃーいいんだけど、どうにも気持ち悪いなー。
[ 2009/12/03 02:26 ] Apple | TB(0) | CM(0)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。