スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

● オートデスクのiPhone/iPad用流体シミュレーター『Fluid FX』 


元々はCAD、いまはmayaや3ds Maxなどを買収し、3DCGとしても有名なオートデスク社が作った流体シミュレーターがこの『Fluid FX』です。
知っている人は名前を聞いてすぐ分かると思いますが、このアプリはmayaのFluidをベースにしたもの。
さすがにこのクオリティの高さは安心感がありますね。
豊富なサンプルに加えて編集、自動再生もできます。傾き検知にも対応。
iPhone、iPad両方に対応していますが、だんぜんiPadの方が画面が大きい分インパクトがあります。

FluinFX.png
Autodesk『Fluid FX』230円
スポンサーサイト
[ 2010/07/29 09:32 ] iPhone/iPad アプリ | TB(0) | CM(0)

● Hot Reversi HD(ホットリバーシHD)がバージョンアップ 

HRHD11.jpg
iPad用アプリ『Hot Reversi HD(ホットリバーシHD)』が1.1.0にバージョンアップしました。

今回アップデートによる変更点は以下の通りです。
・1P時のCPUを強化し、3段階から選べるようになっています。
(1が従来の強さになります)
・マーカー(次に置ける場所を示しています)のオンオフ
・勝敗決着後に『ホットスイッチ』を押して遊ぶことができるようになりました。
・アイコンなどの表示物の改善

1Pプレイではテンポもよくなってより気持よく遊べるようになっていると思います。
是非お試し下さい!

HotRev.png
Hot Reversi HD(ホットリバーシHD)350円
[ 2010/07/24 15:06 ] iPhone/iPad アプリ | TB(0) | CM(0)

● iPadを使用した裸眼立体ディスプレイ『N-3D』 

N-3D DEMO from aircord on Vimeo.


ディスプレイの見た目もカッコイイ!

裸眼立体ディスプレイ/N-3Dを開発。/aircord
http://www.aircord.co.jp/information/2010/07/3dn-3d.html
[ 2010/07/22 08:48 ] technology | TB(0) | CM(0)

● iPhone有料アプリ 利用期間長いとDLの抵抗感薄れる 

オールアバウトがiPhoneユーザー1598人にアンケートを実施し、ユーザーの約8割が有料アプリをダウンロードした経験があるという結果が出ている。
アプリの内訳は「ゲーム」(76.7%)、「ニュース」(75.3%)、「天気」(74.7%)の順。
そしてダウンロードする人は購入から12ヶ月以の人が最も多いとの事。

大体そんな感じかなという結果ですね。
iPhoneは今までのケータイとは全く別ものなので、操作等に慣れつつ無料アプリを試しながらある程度使いこなせて余裕が出てきたら、じゃあ有料も試してみようという流れが一般的なのではないでしょうか。

3GSの日本発売が去年の6月26日。初めて3GSを買った人が1年を過ぎたころです。
ということは有料アプリも今までより売れる時期に入ったと言うことも出来ますね。

iPhone有料アプリ 利用期間長いとDLの抵抗感薄れる/アメーバニュース
http://news.ameba.jp/domestic/2010/07/74659.html
[ 2010/07/22 08:37 ] iPhone/iPad アプリ | TB(0) | CM(0)

● 「売れる iPhone アプリ」にするための151のヒント。/AppBank 

motomaka.jpg

iPhone/iPadアプリ開発者にとってかなり有益な情報がAppBankさんに掲載されています。
記事を書いたのは”もとまか”さん。
実際僕も開発に参加、オリジナルアプリも開発中の身として非常に参考になるし、納得する部分も多いです。
実はここで言っていることはアプリの開発だけではなくて、激流の今を生きていくのに参考になる部分もあったりします。

何事もそうですが、ある程度の所まで考えるのは簡単なものです。
そこから完成まで持って行くことが本当に大変なのです。
インターネットが発達したおかげで情報を仕入れるのは簡単になりましたが、本当に大切なのは単なる知識ではなくて知識を伴った実現力(行動力)。
iPhone/iPadアプリ開発者はもちろん、それ以外の人にも何かしら得るものがあると思います。
是非読んでみて下さい。

「売れる iPhone アプリ」にするための151のヒント。/AppBank
http://www.appbank.net/2010/07/19/iphone-news/143405.php
[ 2010/07/19 19:38 ] iPhone/iPad アプリ | TB(0) | CM(0)

■ iPhoneアプリ開発・・・iTunes Connectの銀行等の情報登録 

iTunesConnect.jpg
iTunes Connectでの問い合わせ先や銀行、税金の情報登録について

Paid Applications(有料アプリ)
iAd Network(iAd)
Free Applications(無料アプリ)

の3項目があるので、必要な項目のRequest Contractにチェックを入れてSubmitボタンを押す。
続きは基本的にそのままで大丈夫だが、郵便番号が8桁でないと受け付けないので7桁の場合間にハイフン(-)を入れると次に行ける。

Contact Info、Bank Info、Tax Infoの項目に×が付いているのでここを設定して緑のチェックマークにする必要がある。設定は項目の左側にあるそれぞれのEditから情報を入力していく。

[ 2010/07/16 12:57 ] pixel farm | TB(0) | CM(8)

■ iPhoneアプリ開発・・・企業名登録について 

Menber.jpg
けっこう前にiPhoneアプリの開発者登録を済ませていたんですが、iTunes Connectにだけログイン出来ない状況が続いていました。

一時的な不具合かと思って放置していたけど、いいかげんいつまでもログインできないのはおかしいということで今回は電話でサポートに問い合わせてみることにしました。
状況を伝えると担当の方曰く、Apple IDの日本語の問題でしょうとのこと。
日本で私達が普段使っているApple IDは当然日本語なのですが、これが開発者登録に使用しようとすると英語表記でしか受け付けてくれないので文字化けしてうまく登録できないというのが通例なので、公式見解では新規でApple IDを取得することを推奨しています。
僕の場合これは知ってたんですが”推奨”だったし、ID増やすの面倒くさいなと思って以前から使ってたApple IDを英語表記に直して登録していました。
登録できたので問題ないかと思っていたのですが、やはり部分的に文字化けがあったようです。
対応策として最初は新しくApple IDを作って、それをIDCの使用IDにしてくれるという話だったけど、結局その場で文字化け部分を修正してくれることになりました。
[ 2010/07/16 10:54 ] pixel farm | TB(0) | CM(0)

● 村上龍の小説『歌うクジラ』がiPadでリリース 

村上龍が「群像」で連載していた『歌うクジラ』が書籍化に先駆けてiPadでリリースされることになりました。
作品には映像や音楽も付いて(曲はなんと坂本龍一!)、1500円とのこと。
記事では開発資金を回収できる5千ダウンロードがひとまずの目標のようですが、こういう情報はかなり貴重ですね。


販売価格1500円の5000ダウンロードで開発資金回収ということは、1500円のうちAppleの取り分が3割なので実質1050円が1本当りの収入。
とすると単純計算で1050円×5000ダウンロードで525万円が開発資金だったことになります。
これを村上龍、坂本龍一、開発会社を3社として仮に均等に分けるとすると1社あたり175万円。
うーむ、なるほどー
※ここでは税金は計算に入れていません。


iPhone、iPadアプリ開発の一般感覚で見ると結構資金を注ぎ込んだ印象ですが、書籍アプリでトップを狙ってのかなり力を入れて作ったアプリなのでしょう。
これはリッチなコンテンツで他の書籍アプリとは確実な差別化を期待してしまいますね。
さてどうなるか、現在Appleの承認待ちらしいのでこれは注目しといた方がよさそうだ。

村上龍氏がiPadで長編小説 映像・音楽付き「紙」に先行:日本経済新聞
村上龍氏「iPadで拓く小説の未来」:日本経済新聞
[ 2010/07/14 12:29 ] iPhone/iPad アプリ | TB(0) | CM(0)

● あなたの7月24日が映画になるかも「Life In A Day」 


Googleが手掛ける新しい映画「Life In A Day」は、一般から2010年7月24日に撮られた映像をYoutube募集するというもの。
エグゼクティブプロデューサーはリドリー・スコット、監督はケヴィン・マクドナルド(運命を分けたザイル)で、2011年のサンダンス映画祭で上映される予定だそうです。
採用された映像を撮った人は共同ディレクターとしてクレジットされ、20人はプレミア招待されるそう。
う~ん、これは面白そうですね、今年の7月24日はビデオカメラ片手に生活していた方がよさそうです。

追記:07/09
もう少し参加条件、方法について詳しい情報が出てました。

13歳以上のYouTubeアカウントを持っている人。
『Life in a Day』HPに7月24日~31日の間に撮影した動画をアップロード。
動画が採用された人は共同監督として映画にクレジットされる。
そのうちの20人はサンダンス映画祭に招待される。
採用されなかった動画も、8月初旬に同プロジェクトサイトで公開される。
サンダンス映画祭でのプレミア上映と共にYouTubeでも公開予定。

撮影日は24日限定じゃなくて、24日から8日間なんですね。
『Life in a Day』HPってYouTubeのサイトのことなのかな?
[ 2010/07/08 08:32 ] movie | TB(0) | CM(0)

● 横浜ランドマークタワーの微速度撮影ムービー 


夜景のシーンが特に幻想的で美しい。
[ 2010/07/06 13:07 ] 映像 | TB(0) | CM(0)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。