スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

● DAFT PUNK - DEREZZED(From TRON: LEGACY) 


DAFT PUNK - DEREZZED(From TRON: LEGACY)

トロン:レガシーの楽曲を手掛けるダフトパンクのPV。
映像、音楽共にカッコイイです。
スポンサーサイト
[ 2010/10/30 12:40 ] music | TB(0) | CM(0)

● ドリフト最高!『Reckless Racing』がリリース 


今年の3月に紹介してから半年ちょっと。『Reckless Racing』が10月21日ついにリリースされました。
『Reckless Racing』はスウェーデンのPixelbite社開発、ハイクオリティなグラフィックと軽快なカントリー調サウンドで豪快にドリフトしまくるレースゲームです。
[ 2010/10/26 00:09 ] iPhone/iPad アプリ | TB(0) | CM(0)

● Yann Tiersen - LA VALSE D'AMELIE(VERSION PIANO) 


Yann Tiersen - LA VALSE D'AMELIE(VERSION PIANO)

アメリのサントラからヤン・ティルセンのアメリのワルツ(ピアノバージョン)。
いい作品は本当に映像と音楽が対なんだなーと思います。


B00005O6PAAMELIE
Original Soundtrack
Virgin Records Us 2001-06-26

by G-Tools

[ 2010/10/25 22:51 ] music | TB(0) | CM(0)

● Mayaで作られた『Ford GT40』 


Ford_GT40_3DModel

Mayaで作られたハイクオリティなFord GT40のデモムービーです。
モデリングやレンダリングがうまいだけでなく総合的な見せ方がうまいですね。こういうのを見ると本当に演出って大事って思います。
下記のリンクにはメイキングとか要所々のアップ画像などもあるので車を作る際にはかなり参考になるかと。

Digital Artist Luis Nieves
http://lendesign.com/FordGT40/
[ 2010/10/22 11:43 ] maya | TB(0) | CM(0)

● Infusion - Natural 


オーストラリア出身の3人組バンドのInfusion(インフュージョン)、ちょっと懐かしいニューウェイヴ的な感じがニュー・オーダーを彷彿させますが、ロックとエレクトロの融合ということでポスト・ケミカルブラザーズなんて言われてもいたみたいです。
アニメーションもステキです。これはロトスコープなのかな?
単色でちょっとローテクな感じが昔あったゲームの『アウターワールド』を思い出しました。

Jamie Stevens (Infusion) インタビュー
http://www.ukadapta.com/contents/Music/Music_Infusion.html
[ 2010/10/22 01:17 ] music | TB(0) | CM(0)

● Mayaの設定移行時の不具合について 

フリーという立場上、自宅や常駐先など色々なマシン環境で作業することが多いのですが、Mayaの環境を移行するときにシェルフのアイコンが読み込めなかったり、マーキングメニューが読み込めなかったりと結構不具合が多かったりします。
で、今日いろいろ試していたんですが、ひとまず原因がわかったぽいので備忘録的に書いておきます。
完全な対処法ではないのかもしれませんが、もし同じ現象で悩んでる人がいたら是非お試し下さい。


以下対処法
[ 2010/10/21 02:17 ] maya | TB(0) | CM(0)

■ 『スマートグリッドインタラクティブ3Dシアター』 

今日は今回僕が携わったプロジェクトの紹介をしようと思います。
今回はいつも作っているゲームではなく、『スマートグリッドインタラクティブ3Dシアター』という『CEATEC JAPAN 2010』に展示するコンテンツを作るという珍しいお仕事でした。

内容はスマートグリッドという通信ネットワークを利用した新しい電力供給の近未来都市をベースにしたドライビングシミュレーターで、300インチの大画面で4人同時プレイができ、しかもレンダリングではなくリアルタイムの立体映像というかなりリッチなコンテンツでした。

今年のCEATECでは特に立体映像が盛り上がったこともあって、ワールドビジネスサテライトでも特集を組まれたりかなり評価も高いものとなりました。
日産ブースの一角に設置されたシアターで上映していたのですが、今回CESTECに行ってご覧になった方も多いのではないでしょうか。

以下スマートグリッド3Dシアターの説明映像
[ 2010/10/21 00:18 ] pixel farm | TB(0) | CM(0)

● Stereophonics - Dakota 


Stereophonics - Dakota

ステレオフォニックスのダコタ。5作目のアルバム『ランゲージ・セックス・ヴァイオレンス・アザー?』からのファーストシングルでシングル初登場1位を獲得。


Stereophonics/Language.Sex.Violence.Other?
[ 2010/10/17 21:38 ] music | TB(0) | CM(0)

● 『ハートロッカー』71点 

hurtlocker.jpeg
アカデミー賞を巡って夫婦対決と言われて話題になったキャスリン・ビグロー監督の『ハートロッカー』。
イラクでの米軍危険物処理班を描いた作品で、ハンディカメラ撮影のおかげで臨場感のある映像になってます。
やや人物描写が弱い気もするけど、リアルさや緊張感があって131分という長時間を感じずに観終わることができました。

ただ何かが物足りない・・・
どことなく小ぎれいにまとめてごまかされた感じがして、リアルではあるものの胸をえぐられるようなリアルさは感じられなかった。
作品は苦悩する兵士を描いているということで一見戦争批判ぽい気もしなくもないが、どうもカッコ良く撮り過ぎてしまったのかヒロイックさが勝ってしまって、直接的ではないにせよ結局は戦争賛美かのような印象。
9.11の時メディアが一斉にNYの消防士をヒーローに祭り上げた時と同じような違和感を感じてしまうんです。

一つ気になるのが劇中3曲も使われているミニストリーというバンドについて。
[ 2010/10/17 04:10 ] movie | TB(0) | CM(0)

● 『フェーズ6』55点 

carriers.jpg
”感染=死”の極限下で生き残った人間の本性を暴く、リアルパニック・スリラー

観る前の印象は『28日後...』にちょっと近いのかなーと思っていたけど、キャッチコピーにもある通り人間ドラマがメインのお話です。
とは言えどうにもキモであるはずの人間ドラマにリアリティがないのです・・・
致死率100パーセントで空気感染するウィルスを相手にしているのあんな貧弱マスクじゃ意味ないよー
そんなユルユルで付けないでせめて鼻の金属をキュっとして!とかそんな所ばかり気になっちゃいます。
そんでもって感染してるかもしれない人がいるのに付けたり付けなかったりとまるで緊張感が感じられない。
口ではルールがどうとか厳しいこと言ってるんですけどね。
その他もろもろ支離滅裂な感じが漂っていてデキとしてはちょっと残念かな。。。
[ 2010/10/13 22:42 ] movie | TB(0) | CM(0)

● CEATECに行ってきた 

今日は今やっている仕事の関係でCEATECに行ってきました。
ゲームショウは何度も行ってるけど、CEATECは初めて。
来場者は高校生からお年寄り、子連れのお母さんなど年齢層が幅広いのが印象的でした。
今年のキーワードはやはり3D。家電メーカーは揃って3Dディスプレイを展示していました。
他にはスマートフォン、タブレット、スマートグリッドなどに代表されるエコテクノロジーでしょうか。


CEATEC_A.jpg
まずは話題のGALAXY Tab。
これはiPadより一回り小さい7インチワイドのタブレット。
持ち運びしやすく、手に馴染みやすいので小さいもの好きの日本人にはiPadよりこちらの方がウケそう。
ただ、さすがにUIやアイコンのデザインの洗練さはAppleの方が一枚上手という印象。
まぁでも特にAppleに思い入れのない人やノートPCの代替品とする人はワード、エクセル、パワーポイントが使えるし、iPadと違って母艦がいらない(たぶん)のはかなり魅力的だと思います。
[ 2010/10/07 00:15 ] event | TB(0) | CM(0)

● iPhone/iPadアプリ:何故か三味線『ブロック・ガイ』 


絵本アプリ『ヌカカの結婚』や『テロメアの遺伝子』で有名なムームーさんから新しいアプリがリリースされました。
今回は絵本ではなくてパズルゲーム。
映像を見ての通り何故か音楽は三味線を使った純和風(津軽三味線?)なんですが、これがまたタテノリでドーパミン出まくり。
[ 2010/10/03 01:54 ] iPhone/iPad アプリ | TB(0) | CM(0)

● 3DCGのサンプル画像でよく見るあのティーポットの話 

teapot_env.jpg
3DCGに携わる人なら一度は目にするだろうこのティーポット。
シェーダーのサンプル画像などでおなじみですね。

今まであまり気にしてなかったんですが、なんか色んな所で見るなーと思ったら、なんとUtah teapot(ユタティーポット)なる名前まで付いている立派なサンプルオブジェクトだったんですね。
Wikiによると”1975年に初期のコンピュータグラフィックス研究者であるMartin Newellによって作成された。彼はユタ大学にいた、グラフィックスプログラミングのパイオニアの一人である。”だそうです。
なんと誕生は1975年!そんなに有名で歴史のあるものだとはオドロキ。

Utah teapot(ユタティーポット) - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/Utah_teapot
[ 2010/10/01 09:33 ] news | TB(0) | CM(0)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。