スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

● 『誰も知らない』88点 

i_p.jpg

1988年に発生した”巣鴨子供置き去り事件”をベースにし、母親に置き去りにされた4人の子供が力を合わせ自分たちだけで生きて行く様子を、是枝裕和監督が独自のやさしい目線で描いた作品。
特に子供時代特有の純粋さや危うさ、徐々に崩壊へ向かって行く絶望感が絶妙なラインを保って描かれています。
映像が穏やかで音楽を担当したゴンチチのおかげもあって悲惨な事件ではあるが、どこか楽しげで爽やかな印象。淡々としたシーンも多いが、何気ないシーンにも見入ってしまう映像的にも完成度の高い作品に仕上がっています。

エンディングでは結局タイトル通りに大人社会に知られる事もなく、また自分達だけの生活に戻っていく子供達。
物語を完結させない事でその後が気になるようになっていて、観終わった後もそれぞれに現代社会について考えさせる意図があったような気がする。

ただどういう事件だったのか調べてみると実際は映画の印象とは違って相当悲惨な事件である事がわかります。
映画だけの評価だったら完成度も高く作品としてもすばらしいと思うが、実際の事件を知ってしまった今は、逆にきれいに描き過ぎてしまったこの作品に疑問を持ってしまうのも事実です。
とはいえもし作品内で話がすべて完結してしまったら、そこで満足してしまいそれ以上の広がりもなかったような気もするし、事実を忠実に再現してしまうとここまで多くの人の目に届く事もなかったと思う。
構想に15年もかかったそうなので、その辺の表現の仕方も考え尽くしての結果だと思う。
事件を知っている人には賛否両論で判断の難しい作品ではないだろうか。


B0002PPXQY誰も知らない [DVD]
柳楽優弥, 北浦愛, 木村飛影, 清水萌々子, 是枝裕和
バンダイビジュアル 2005-03-11

by G-Tools

[ 2009/03/08 08:59 ] movie | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pixelfarm.blog54.fc2.com/tb.php/428-d7431ceb





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。